意外に多い?!不動産投資しているサラリーマン

将来の生活を考えて始める人もいるんです。

不動産投資やマンション経営と聞くと、会社経営者や医師、弁護士の節税対策やお金に余裕がある人がすることというイメージがありませんか。
マイホームの住宅ローンの返済でアップアップなのに、初期費用はおろか、もう1つ不動産を持つなんて、とても考えられないという方は多いことでしょう。

しかし、「不況で家計が火の車だよ、おこづかいがまた減らされた」「飲み会もランチ代も節約しなきゃ」と日々愚痴をこぼしあっている会社の同僚が、実は不動産投資でホクホクだとしたら、あなたならどうしますか。
実は、周囲に合わせてお金がないように装っている方でも、実は毎月きっちり家賃収入を得て家計が潤っているかもしれないのです。

その証拠として、今やマンション経営者の75%あまりが会社員や公務員などのサラリーマンと言われています。
といっても、管理職とか幹部クラスの偉い人じゃないのと、まだ疑っているかもしれませんね。
年収別にみると25%の方が500万円台、29%が600万円台、21%が700万円台と必ずしも幹部クラスというわけではないのです。
あなたも500万円程度の年収は得ているのではないでしょうか。
年齢的には30代から40代で始める人が多いですが、中には20代で始めている人もいます。
もしかすると、同僚どころか、後輩に先を越されているかもしれません。

投資というとリスクがあって、恐いものとか、ギャンブル的なイメージを持たれる方も中にはいらっしゃいます。
しかし、不動産投資を始めている方は、むしろ、将来の生活をしっかり考えている人に多いのです。
サラリーマンに不動産投資が流行し始めたのは1995年頃からです。
バブルがはじけ、超低金利時代に入り貯金をしても増えず、株価は上がらない、年収も下がる一方で、リストラの危険もある、さらに老後の公的年金は当てにならないという状況が、敏感なサラリーマンを不動産投資に向かわせたのです。
マイホームの住宅ローンと違い、不動産投資はローンの返済を家賃収入で賄うことができるので基本的に持ちだしがありません。

また、家賃は不景気だからといって大きく値下がりすることは通常考えられず、安定しています。
学生や社会人が借りるワンルームマンションは企業のオフィス需要と違い、不況だからと言って無くなるものではないので、空室リスクも低いのです。
不動産所得は額面上赤字になりやすいので節税による税金の還付が受けられるほか、ローン完済後は家賃収入がしっかり入ってきます。
万が一リストラされたり、老後の年金が減っても、安心というわけですね。
マンション投資のローンは100%借入れることも可能なので、初期費用は事務手数料などの80万円前後で済むことも多く、サラリーマンでも始めやすいのです。
20代でも始められるというのは、この初期費用の安さにもあります。