不動産投資において利回り計算は大事

専門家に相談するのもオススメです

不動産投資を行う場合に考えないといけないのは収益パフォーマンスつまり利回りです。
投資にもいろいろと種類がありますが不動産投資は初期費用、頭金、ローンなどと大きな金額がかかるので収益パフォーマンスとしては原資の数パーセントで十分でFXや株式の信用取引のようにレバレッジを賭けてハイリスクハイリターンを狙う必要はありません。

考えないといけないのは、入居者から徴収する家賃(収入)から 銀行へのローン返済、管理会社への管理料、修繕費、税金(支出)を差し引いてどれだけの金額が残るかになります。
1か月計算でみてこれがプラスなら十分成立するビジネスモデルになります。
逆にマイナスならば投資としてはかなり危険な状態で、せっかく手に入れた不動産を手放すことになりかねません。

銀行へのローン返済の期間を短くするためには頭金をなるべき多く貯める必要がありますが、物件取得額の10%程度から20%程度あれば十分で、早く物件を賃貸に出して、家賃収入を得るようにしたいです。
なぜなら、不動産投資はあくまで副業で、本業を定年するまでにはローンを返しきっておきたいからです。
本業の収入がある人は不動産投資に対する時間的制約こそありますが、余裕を持って投資に臨むことができます。
逆に専業で投資をする人は家賃の滞納などのリスクがいきなりローン返済に影響してきます。

十分な利回りを得るためにはリスクについてはいつも点検をしておく必要があります。
リスクの種類を列挙すると、初期費用が高額で、長期間の借金を背負わなければならないリスク、金利が上昇して利払いが増えるリスク、入居者が入らない、または家賃を滞納してしまうリスク、入居者が暴力団関係者などトラブルメーカーであるリスクなどがあります。
これらのリスクを一つ一つ点検して軽減していくためには、かなりの時間と労力が入ります。

ビジネスモデルとしては妙味がある不動産投資が敬遠される理由としてこれらのリスクが複雑に絡みあっているということが挙げられます。
反対に順調に家賃収入が入ると毎月決まった利益を上げることが見込まれるため、高利回りが見込まれ、株やFXのように損するかもしれないし、得するかもしれないという不安定さはなくなります。

堅実そうに見える不動産投資といえども手持ち資金をリスクに曝していることは間違いないので、コンサルタントや管理運営のノウハウを持っている法人と初期費用がいくらからならいいか等を相談しながら投資をすることをお勧めします。