ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資

うまく活用できれば、安定した収入が得られます

かつては不動産投資というと資産家や会社経営者など資力のある人が行うというイメージでした。
しかし、最近では30代、40代といったサラリーマンでも、手頃なワンルームマンションから不動産投資をする方が増えています。
中には20代で始めるという方もいます。

不動産投資に興味をもった理由としては、長引いた不況と低金利です。
預貯金をもっていても利息は微々たるもので、株は持っていても下がるばかりで上がる気配がありませんでした。
外貨投資はハイリターンが望めるもののハイリスクで大きな損失を被る可能性もあります。
それに対して、不動産投資はミドルリターン・ミドルリスクと言われ、リスクを抑えながら継続的な安定収入が入るので資産運用の手段として、多くの人が関心を持ち、始める方が増えたのです。

といっても、株式投資や外貨投資に比べると不動産の購入には、初期費用が多くかかりそうと思われますよね。
いくらミドルリスクと言われても、家賃やマイホームのローンを返済するのも手一杯なのに不動産を買うのは難しいと考えてしまいます。
確かに自らが暮らしている家賃の支払いや住宅ローンの返済は、自ら稼いだ収入を充てなければなりません。
しかし、不動産投資の場合は毎月の家賃をローンの支払いに充てることが可能です。
ローンより家賃の額が上回れば、おこづかいを手に入れながらローンの返済もできてしまいます。

そして、ローンの返済が終われば、家賃からメンテナンス費用、固定資産税などを控除した金額が全て収入となり、生活費の補完に充てたり、貯金したり、老後資金として活用することができるのが大きなメリットです。
投資用のマンションを購入する場合、不動産会社や金融機関にもよりますが、100%ローンを借りることも可能です。
不動産を担保とでき、マイホームのように契約者自身の生活の本拠として利用されるものではないので、担保価値が把握しやすいからです。

仮に100%ローンを借りることができれば、初期費用はローンの手続き費用や、登記費用、事務手数料、売買契約の印紙代、火災保険料、修繕積立金などだけで済みます。
購入するマンションの金額や地域にもよりますが、一般的には60万円から80万円で済みます。
また、ご家族がいる場合、ローンに団体信用生命保険を付けることで万が一のことがあれば、保険金がおりてローン残高が返済され、ローンの支払いなく家賃収入が入るようになります。
つまり、遺族年金代わりにも利用できるわけです。
このように初期費用を抑えて、リスクも少なく、安定した収入が得られる、遺族年金として利用できるというメリットの高さから、不動産投資をする人が増えているのです。