リスクを把握して不動産投資を

「こんなはずじゃなかったー」ということがないように

不動産投資のリスクとして一番大きいのは借り手が見つからず、収入が入ってこないというリスクです。
マンションやアパート、オフィス、店舗などの賃貸物件なら空室リスクとも呼びます。
駐車場の場合は、初期費用が安くてすむとはいえ、月極め駐車場なら借り手が見つからないこと、コインパーキングなら稼働率が悪いことが空室リスクと同等に考えられます。
特に余裕資金での投資ではなく、ローンをめいいっぱい使って不動産投資をしている場合はこのリスクが重くのしかかります。

サラリーマンなど収入や貯蓄が少ない方が、資産運用や収入アップを目指してマンション経営などを始める場合、初期費用を抑えてローンを80%から100%の割合で借りるケースがあります。
どうしてそういう借り方をするかといえば、順調に家賃が入れば、家賃で毎月のローンを返済すれば持ち出しがゼロで済む計算だったからです。

しかし、入居者が見つからず家賃収入が入ってこなければ、給与収入から支払いをしなければならなくなります。
マイホームの住宅ローンの返済や、自分が借りている部屋の家賃を支払うほかに、投資物件のローン返済も自己負担するとなると、かなり厳しくなりますね。
また、投資物件にも毎月の管理費や修繕積立金、毎年の固定資産税や都市計画税もかかるので、その負担もしなければなりません。
空室が長引くことは大変危険なことです。

もう1つ厄介なのは、入居者はいるけれども家賃を滞納しており、退去にも応じないと言ったケースです。
これが案外困りものなのです。
もっとも、サラリーマンの方がマンション投資をする場合はたいていのケースで、不動産投資会社に借り上げ保証をしてもらっていると思います。
借り上げ保証とは物件の管理から家賃の徴収まで全て業者に任せ、かつ、毎月一定の賃料収入の支払を約束してもらうことです。
不動産投資会社が実際に入居者から受け取る家賃よりは保証額は小さくなりますが、仮に空室が出てもその間も収入が保証されるメリットがあります。
つまり、空室リスクをゼロにできるわけです。
空室リスクの代わりに、不動産投資会社が破たんしたり倒産しないかといった、財務上や経営上のリスクが登場します。

そのほか不動産投資のリスクとして、物件が損害を受けるリスクがあります。
地震などの災害による倒壊のほか、入居者の失火や隣家からの類焼による滅失などのリスクです。
火災の場合は基本的には火災保険金でカバーされますが、地震の場合は地震保険に加入していても全額の補償はなされません。
初期費用を抑えたいからと保険に未加入なんてことがないようにしましょう。